野生の力を取り戻すためのスポーツメディア

まるで綱渡り!体幹&バランス感覚を強化する「スラックライン」とは

皆さんは「スラックライン」という運動アイテムをご存知でしょうか?これはベルト状の“ライン”を使い、まるで綱渡りのように歩いたり、ジャンプ等のパフォーマンスまで行うというスポーツです。

木やポールなどに括り付けてセッティング

室内用もありますが、基本的にスラックラインはアウトドアスポーツ。ラインのその両端を、木やポールなど動かないものに括り付けて使用します。しっかり固定しないと危険ですので、設置場所にはくれぐれもご注意ください。なお、公園等によっては木を傷つける等の理由から、スラックラインの利用を禁止している場所があるようです。

ラインは低い位置に張った方が、安全かつ初心者でも渡りやすいでしょう。また、ラインには張り具合を調整する器具が付いています。これが緩いほど揺れて難易度が増しますので、最初はしっかり強く張るようにしてください。それでも、恐らく初めての場合には手放しで立つことすら難しいはずです。

スラックラインは大人から子どもまで楽しめます。耐重量は製品によって異なりますが、そのほとんどは100kg以上の重要でも問題ありません。見た目は細くて不安になるかもしれませんが、実物はとてもしっかりした素材で作られています。

スラックラインで体幹やバランス感覚を鍛えよう

スラックラインでは、まずバランス感覚が強化されるようです。またバランスを取るうえで、上体を安定させるために体幹を鍛えるのにも繋がるでしょう。ただし、最初は誰かサポートに付くようにしてください。横に立って手を持つとそちら側に傾きがちなので、渡る人の前に立ってあげるのが良さそうです。

トレーニングと言うと辛いものをイメージしがちですが、これなら遊ぶような感覚で鍛えられるはず。また、年齢を問わず子どもから大人まで一緒に取り組めるのも、スラックラインの魅力ではないでしょうか。むしろ成長過程にある子どもの方が、すんなり歩けるようになるかもしれません。

 

三河賢文
WILD MOVE.LAB編集長。“走る”フリーライターとして、スポーツ分野を中心とした取材・執筆・編集を手がける。また、マラソンやトライアスロン競技に取り組むほか、ランニングコーチとしても活動。3児の子持ち。ナレッジ・リンクス(株)代表。
Recommend
No articles