野生の力を取り戻すためのスポーツメディア

大迫傑選手、福岡国際マラソン2017で日本歴代5位・2時間7分19秒

2017年12月3日(日)に開催された『福岡国際マラソン2017』で、ナイキ・オレゴン・プロジェクトに所属する大迫傑(おおさこ・すぐる)選手が日本歴代5位となる2時間7分19秒をマーク。日本人選手トップで第3位という結果を残しました。

I like this photo . Thank you , coach ! #marathon #fukuoka #マラソン #福岡

Suguru Osakoさん(@suguru_osako)がシェアした投稿 –

大迫選手は2015年からプロランナーとして活動拠点をアメリカ・オレゴン州に移し、ナイキ社による競技チーム『ナイキ・オレゴン・プロジェクト』へアジア唯一の選手として所属。その後、今年4月に初めてのフルマラソンをボストンで走り、第3位で表彰台に登りましたす。ボストンマラソンでの記録は2時間10分28秒となっており、今回の福岡国際マラソンでは、さらにその記録を約3分縮めた結果となります。

大迫選手のリザルト・ラップ(出典:福岡国際マラソンホームページ

ペースラップを見ると、大迫選手が自身のペースを維持して終盤まで走っていることが伺えるでしょう。周囲のペース変化等に振り回されることなく自身の走りを貫ける点こそが、大迫選手の強みなのかもしれません。この記録を受けて、長く低迷を続けている日本男子マラソンに対する期待の声も少なくないようです。海外でのトレーニングによって大迫選手が今後どのように進化するのか、注目が集まります。

WILD MOVE.LAB編集部。皆さんの運動パフォーマンスを高める、さまざまな情報を厳選してお届けします。