野生の力を取り戻すためのスポーツメディア

【コラム】子どもの走力アップには楽しむ仕組みが大切

走るという運動は、年齢を問わず多くの方々にとって身近です。幼児はお母さんを追いかけて駆け回り、小学生は公園などを駆け回って遊ぶ。日常の中に“走る”ことが自然と組み込まれ、意識しなくてもその機会に恵まれているわけです。

走りを学ぶ環境がない

しかし走力アップを目指すなら、そうした日常に+αでの練習が必要です。もちろん日常生活を通じて体力は少しずつ養われていきますが、周囲に差をつけるほどではないでしょう。サッカーや野球などのスポーツを習う子どもは多く見られますが、練習の多くは技術的なものや試合形式。基本となる体力や走力の向上は、いわば“おまけ”のように扱われているようです。少なくとも、走る技術を習得するようなトレーニングは行われていないでしょう。

でも速く走れるようになりたいなら、走ることについても正しい技術を身につけることが大切です。その証拠に、一度お子さんの走り方をよく見てみてください。手足がバラバラだったり、ピョンピョン跳ねていたり。もしかしたら、左右に身体が傾いているかもしれません。特に片半身を中心に使う(ex.野球で右投げなど)スポーツに取り組んでいると、身体のバランスは少しずつ崩れてしまいます。

先日我が子のマラソン大会があり、ちょうどいろんな子どもたちの走りを観察していました。やはりサッカーなどやっている子が上位を占めているのですが、走り方が良いかと言えばそうではありません。他の子より運動していて体力があり、運動に用いる筋力が備わっている。ですから走りそのものが良くなくても、とりあえず走れているような印象です。だからこそ、もっと速く走れるのにもったいない子が山ほどいるのだと感じます。そして正しく走れるようになれば、他スポーツの競技力も伸びるのに…と。速く走れるということが武器になるスポーツ、実は想像以上にたくさんあるんですよね。

身体がこれから出来上がり、いろんなことを吸収して急成長できる子どもたち。だからこそ、細かな技術はもちろんなのですが、さまざまな運動の土台となる“走り”についても、ぜひ早い段階から学んでほしいなと思います。

楽しみながら自然と身につける

とはいえ、幼児や小学生に小難しい講義を行っても仕方ありません。骨格や筋肉について語っても、子どもたちは1%すら理解できないでしょう。ですから大切なことは、実践を通じて自然と身につけてもらうこと。そして練習する際は、とにかく“楽しい”という気持ちを持ち続けてもらうことが重要です。

そのためには、ただ「ヨーイドン!」で走ってばかりいても意味がありません。身体を正しく動かすこと、それこそ姿勢から学び、それを走りに活かしていくことが大切になります。例えば私がWILD MOVE KID’Sで小学生向けに走り方を教える際には、よくミニハードルを用いています。これは足元に障害物があるため、自然と足を挙げて身体の下へ着地する動作ができるから。その動作の重要性を知らなくても、繰り返すことで身体が動いてくれるわけです。

とはいえ、毎日同じ運動では飽きてしまいます。そのため、トランポリンを使ったり縄跳びしたり、あるいは色んなバリエーションのドリルを行ったり。その中で「できなかったけどできるようになった」体験を増やし、褒めていくようにしています。特にドリルは、最初ほとんどの子どもができません。動きがバラバラ、身体はフラフラ。しかし吸収力の高い子どもは、4〜5回もすると「ちゃんとできている」と言えるレベルになるもの。それが本人も嬉しくて、どんどん真剣に取り組めるようになるのです。日々楽しめる仕組みを取り入れながら、達成感や成功体験による喜びも得ていく。子どもの走力アップには、自然と走り方が身に付く工夫が欠かせません

マラソン大会が近づいてきたから、毎日いっしょに走ろう!それも親子の絆を育むには良いでしょう。しかし残念ながら、ただ直前になって毎日走ったところで、大きな変化・成長は得られません。それなら、正しい走り方をまず身につけてもらうこと。そうすれば、日常生活や遊び、他スポーツの習い事で走る際にも、より高い走力アップが目指せるはず。まずは走ることを楽しめる、そんな場を作ってあげてください。

・WILD MOVE KID’S

▼関連アイテム

三河賢文
WILD MOVE.LAB編集長。“走る”フリーライターとして、スポーツ分野を中心とした取材・執筆・編集を手がける。また、マラソンやトライアスロン競技に取り組むほか、ランニングコーチとしても活動。3児の子持ち。ナレッジ・リンクス(株)代表。