野生の力を取り戻すためのスポーツメディア

【コラム】なわとびの効果って?『毎日なわとび』にチャレンジ!

みなさん初めまして!神奈川県にある栄光学園中学高等学校で、ダブルダッチ部顧問を務めている古賀です。WILD MOVE.LABでは、誰にとっても身近なスポーツ“なわとび”について情報をお伝えしていきます。

縄跳びってダイエットに効果はあるの?

誰もが一度はやったことがある『なわとび』。みなさんは、どのようなイメージをお持ちですか?

ロープが「パチン!」と太ももに当たってミミズ腫れ…なんて、痛い記憶を真っ先に思い出す人も少なくないと思います(笑)。消費カロリー的には軽いジョギングと同じくらいなので、「ダイエットにも効果大!?」などと言われることも少なくありません。でもこれに関しては、半分正解・半分不正解と言っておきましょう。

なわとびはジョギングと違って、かなりの運動強度です。普段あまり運動をしない人なら、2〜3分跳ぶだけでヘトヘトになってしまうと思います。30分〜1時間のなわとびを継続的に続けることができれば、それなりのダイエット効果が見込めるでしょう。しかし、いざ実行するのは結構大変だと思います。

なわとびがもたらす効果とは!?

そんななわとびですが、実はさまざまな運動能力を高めるのに役立ちます。特に発達段階にある子供たちにオススメしたいのですが、私は以下のような能力を伸ばすのに効果的だと考えています。

  1. 複数の動作を同時にこなす
  2. リズム感を養う
  3. バランス感覚を身につける
  4. 持久力を向上させる

大人の方なら、「なわとびなんて簡単な運動だ」と思っているのではないでしょうか。しかし子供たちにとっては、とても複雑で難しい運動なんです。

ロープを回す、回ってきたらちょうど良いタイミングでそれを跳びこえる、跳んだらロープの動きが止まらないうちに次の回しに繋げる・・・これらの動きを、一定のリズムで継続して行います。こんなにたくさんの動きを同時に行うのって、子供たちにとっては未知の領域なんですよ。

しかし、それでも練習を続けていくと、ちぐはぐだった動きが徐々に滑らかになっていきます。少しずつ色々な跳び方を覚えていき、楽しみながらボディバランスが身についていくのです。また、跳躍時間や回数も段々と伸びていくので、自然と体力も向上していきます。もちろん筋力もアップするでしょう。

みんなで一緒にチャレンジしよう!

このコラムでは、なわとびに関するさまざまな情報はもちろんのこと、「読者のみなさんと一緒に!」をテーマにした参加型の企画も発信していきたいと思います。ということで、企画第一弾は…

『毎日30秒なわとびチャレンジ』!!

続けることに意味があります。まずは30秒から始めてみませんか?

でもたった30秒とはいえ、毎日続けるのって大変ですよね。そこで、日々のチャレンジをInstagramにアップしてみんなの頑張りを共有し、励まし合いながら続けていきませんか?ハッシュタグ『#wildmovejump』を付けて、ぜひ毎日の活動を投稿してください。

毎日30秒なわとびチャレンジ

偉そうなことを言っている私も、実は三日坊主で有名なんです(笑)。私自身、このコラムの連載をキッカケにして“毎日なわとび”に挑戦したいと思ってます!ちなみに、跳び方は基本的に自由。前とび、後ろとび、交差とび、かけ足とび、2重とび…。好きな跳び方で行いましょう。でも「課題があった方が取組みやすい」という人のために、定期的(週1回予定)に課題動画を発信していきます!12月第3週は、ぜひこちらの課題にチャレンジしてみてください。

毎日なわとび 12月第3週

私と一緒に、楽しいなわとびライフを送りましょう!


関連アイテム

古賀慎二
栄光学園中学高等学校にて数学教諭、ダブルダッチ部顧問。日本ロープスキッピング連盟 会長。
◎ダブルダッチ指導経歴:2014年 ダブルダッチコンテストワールド U19部門 優勝、2015年 ダブルダッチコンテストジャパン U19部門 優勝、2016年 ダブルダッチコンテストワールド U19部門 優勝