野生の力を取り戻すためのスポーツメディア

【コラム】日本で最速の“かけ足跳び”は何回!?毎日なわとび1月第3週

なわとびは体力作りやダイエット、さまざまなスポーツの補助トレーニングとして、多くの人の身近にあるスポーツです。しかし実は、競技として真剣に取り組んでいる選手たちもいます。そんな選手たちが集い、昨年の12月16日・17日には第13回日本ロープスキッピング選手権大会が催されました。この大会は今年の夏に催される世界ロープスキッピング選手権大会の選考を兼ねており、日本のトップスキッパーたちがしのぎを削り合いました。

日本でもっとも速いかけ足跳びって、一体どのくらいのスピードだと思いますか?全日本選手権の公式大会記録を見てみると、30秒かけ足跳び競技の最高記録は102回。数字を聞いてもあまりピンときませんよね。大会ルールでは、かけ足跳びは左右セットのジャンプで1回とカウントされます。つまり、30秒に204回足踏みをしたことになるんです。ということは、1秒になんと7回弱!ロープなしでただ足踏みするだけでも難しいスピードです。

その他にも30秒に2重跳び94回、3重跳び連続350回以上など、選手たちはみなさんの想像をはるかに超えたレベルで競い合っています。ご興味のある方は、日本ロープスキッピング連盟のホームページを覗いてみてください。

【くくりつけ大なわとびのススメ】

前回はロープを上方向にスライドさせるターナー(回し手)の技を紹介しました。今回は、左右方向にスライドさせましょう。ジャンパーはロープをスライドさせる方向とは逆方向に避けて、戻ってきたロープに再び入ります。動画を参考にして、ぜひトライしてみてください。

【毎日30秒なわとびチャレンジ】

今週の課題は『ケンパ跳び』。片足と左右開脚を繰り返します。大きな動きでじっくり行うもよし、小刻みな速いジャンプで行うもよし。負荷を上げたければ「ケンケンパ跳び」にしてみてください。

チャレンジのシェア方法は以下の2通りです。

① #wildmovejump をつけてinstagramに投稿

② Facebook「WILD MOVE JUMP」グループに参加して投稿(グループに参加しなくても閲覧はできます)

みなさんのチャレンジ、お待ちしています! また、なわとびに関する質問があれば、InstagramやFacebookでお気軽にコメントください。

<毎日なわとび 1月第3週>

古賀慎二
栄光学園中学高等学校にて数学教諭、ダブルダッチ部顧問。日本ロープスキッピング連盟 会長。
◎ダブルダッチ指導経歴:2014年 ダブルダッチコンテストワールド U19部門 優勝、2015年 ダブルダッチコンテストジャパン U19部門 優勝、2016年 ダブルダッチコンテストワールド U19部門 優勝